購入の流れ

空とソーラーパネル

原子力発電の安全性に疑問の声が上がる中変わって注目されているのが自然エネルギーによる発電です。
地熱や水力、風力やバイオマスなど減ることのない資源によるエネルギー発電に注目が集まっています。
中でも近年飛躍的に普及したのが太陽光発電です。
専用のパネルに太陽の光が当たることで発電を行う仕組みです。
震災などいざという時の非常用電源としても注目されている発電方法です。
一般家庭ではこう言った理由で普及していますが同時に企業や個人が投資目的で発電システムを設置するケースも増加しています。
増加している理由の一つとして国による固定価格買取制度があります。
発電した電力は一定期間一定の価格で各地域の電力会社が買い取ってくれるというものです。
この制度のおかげで投資目的でパネルを設置する人が増えたのです。
当初の国の見通しよりも大幅増の申請が集まったことからもより魅力的な投資方法であることがうかがえます。

この制度が始まる以前にも企業がこういった設備を導入するケースもありました。
しかしそのほとんどが自社で使用している電力をカバーする目的が主でした。
固定価格買取制度により売電価格が保障されたことでより投資の対象となりました。
とはいえその金額は年々改訂されます。
最近では前年より単価が下がるケースがほとんどです。
ここ数年前年の倍程度の水準で設置件数が増えていました。
しかし売電価格の下落によりその導入数も比較的緩やかな増加になると予想されています。
電力会社によっては想定以上の申請が集まり一時申請が出来ない事態も発生しました。
このほかにも申請はしたものの設備の整備が行われていないケースがあるなど制度として問題点も指摘されています。
今後こう言った問題点に対処するために申請の取り消しなど改善策が講じられています。