利回りが高い投資

クレイの家とソーラーパネル

太陽光発電投資とは、発電システムで作り出した電気を売ることで、利益を得るというタイプの投資です。
まずは発電システムを設置する必要があり、これには多くの費用がかかります。
どのくらいの大きさのものを設置するかにもよるのですが、一般的な大きさの戸建住宅の屋根に設置する場合、かかる費用は150~200万円ほどです。
しかし設置しておけば、電気がどんどん作られ、それを売ることができます。
売ることができるだけでなく、自分も使うことができるので、月々の電気代が安くなります。
多くの電気を作ることのできる日当たりの良い場所に設置すれば、10%以上の利回りが期待できます。
銀行預金での金利よりも高いため、資産運用としての太陽光発電投資は注目を集めています。

資産がない場合でも、太陽光発電投資をすることが可能です。
金融機関の中には、それ専用のローンサービスをおこなっているところがあるのです。
金融機関で借りたお金で発電システムを設置し、売電によって得たお金で返済していくわけです。
返済が終われば、後は売電したお金は自分の収入となるので、これもお得な投資として注目されています。
そもそも太陽光は、クリーンなエネルギーとして世界中で需要が高まっています。
石油や石炭のように限りある資源を使うわけではありませんし、発電の際に二酸化炭素が排出されないので、環境も守られます。
そのため、投資目的だけでなく資源や環境を守るためにも、太陽光発電システムを導入する人や企業は増えてきています。
数年前と比べると、普及率は数倍にもなっていますが、この先普及率はもっと上昇していくと予測されています。